クリックイベントを関数化して使い回す。

クリックイベントを関数化しておく。

addClickという関数を作成する。 引数は対象となるelemntと、実行したい関数を渡せるようにする。 これを使いまわせは、addEventListenerを毎回書く手間が省ける。